background

導入事例 #09   首都圏スーパーマーケットチェーン 物流センター

物流現場は労働力不足・高齢化が顕著に
重筋作業はロボットが担う時代へ

詳細を知る

「従業員の高齢化が進む一方、若年層の採用が難しく」
人員が満たなくとも、ロボットで生産性の向上


首都圏に広く店舗を展開する某スーパーマーケットチェーンの物流センターにおいては、将来の労働力不足を見据えた新たな取り組みが始まっています。同社の物流センターは、計画的な運用と自動検品仕分けシステムなどにより効率化されていますが、人手不足や作業者の高齢化の影響は他社と同様に顕れはじめています。そこで、新たな効率化・自動化の手法としてロボットの活用が検討され、仕分けシステムにケース商品の投入を行う、MUJINのデパレタイズロボットが導入されました。本事例の機器構成などとともに、ご担当者様の声とともにPDF資料にまとめましたので、ページ下部のフォームより閲覧をお申し込みください。

日立物流様事例 PDF資料表紙

続きを閲覧するには?

  • 以下のメールフォームの入力必須項目へご記入の上、送信ボタンを押してください
  • フォーム送信完了後、ダウンロード用のURLを記載したEメールが送信されます
  • 閲覧用のURLにアクセスし、ブラウザで表示されたページからダウンロードしてください

続きはこちら

首都圏スーパーマーケットチェーン ロボット導入事例
閲覧申し込みフォーム


  • –「※必須」は入力・選択必須項目です。
  • – 半角カタカナや特殊文字は使用しないでください。
  • – 本フォームからの送信を弊社の個人情報保護方針への同意とみなします

Google社が提供するreCAPTCHAによりスパム対策を行っております。
チェックを入れてから送信してください。

「送信」をクリックした後、ページが切り替わると送信完了です。

積極採用中! あなたの手で世の中を変革させる。そんな仕事をしませんか? 採用情報を見る